MENU

義歯(入れ歯)

© Tsukuba Dental Clinic

Medical 義歯(入れ歯)

歯を失った場合、その欠損部を補う方法として義歯(入れ歯)・ブリッジ・インプラント治療があります。その中でも、ご年配の方に最もポピュラーな治療法が入れ歯です。

Medical 入れ歯の種類

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感があり、発音しにくい・咬みづらい場合があります。

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。入れ歯を支えるバネが目立ってしまうこと、強度を確保するために入れ歯を厚く大きく作る必要があるため、使用時に違和感が出てしまうことが大きな欠点です。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが薄く小さく作ることが可能です。見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

金属床義歯
金属床義歯

金属で土台(床)を作ります。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

シリコン製入れ歯
シリコン製入れ歯

土台(床)の一部をシリコンで作る入れ歯です。シリコンは柔らかいので、噛む時の痛みを軽減でき、食材をしっかりと噛めるようになります。歯茎の骨が痩せてしまい、保険の入れ歯を使うと痛くて噛めない方にも使えます。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

バネが金属でないため、見た目が自然です。樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

© Tsukuba Dental Clinic